本文へスキップ

Hiroshima Prefecture Environment Protection Public Corporation

私たちは 人と自然環境を見つめて より快適な明日を創造します
We stare at the natural environments
with a person and create more comfortable tomorrow

一般財団法人広島県環境保全公社提案型調査研究助成事業の公募についてprivacy policy

公募要領

 T 事業の目的
   この助成事業は,廃棄物の処理及び処分等に係る調査研究について,一般財団法人広島県環境保全公社
  (以下「公社」という。)の提示課題及び県内の大学,NPOに所属する者又は団体からの応募課題に係る
  調査・研究に要する費用を助成することにより,適正な廃棄物処理の推進に資することを目的とするものです。

 U 助成事業の内容
   1 助成対象者
     広島県内に立地する大学,NPOに所属する者又は団体
    (1)大学には短期大学,高等専門学校を含む。
    (2)大学,NPOが共同で行う場合を含む。

   2 助成対象事業

     廃棄物の処理及び処分に係る次に掲げる課題の調査・研究とします。
     次の(1)公社提示課題または,(2)調査研究者提案課題のいずれかの調査研究を選択してください。

    (1)平成29年度公社提示課題
      「海面最終処分場における早期安定化に向けた埋立管理手法の検討」
      (詳細は別紙のとおり)

    (2)調査研究者提案課題(廃棄物の埋立処分に関連するもの)
      廃棄物適正処理に資する効果が高く,調査研究結果の廃棄物処理への波及が期待できる課題として,
     助成事業に応募する調査研究者が提案する課題とします。
      なお,事業化や営利を目的とする調査研究は助成対象になりません。

  3 助成対象経費
    調査研究を実施するために必要と認められ,本事業の対象として明確に区分できるもので,かつ,証拠
   書類によって金額等が確認されるものに限ります。
    なお,助成対象経費は一般
財団法人広島県環境保全公社提案型調査研究助成事業助成金交付要綱(平成
   25年4月1日改正,以下「要綱」という。)第5条
によります。

  4 助成率
    (1)公社提示課題:助成対象経費の10/10
    (2)調査研究者提案課題:助成対象経費の10/10

  5 助成限度額
    1課題につき400万円以内

  6 助成対象期間
    交付決定のあった日〜平成30年3月10日

  7 助成事業の併用禁止
    実質的に同一内容の事業(相当程度重なる場合を含む)について他の助成制度を利用する場合はこの助成
   事業を利用することはできません。

 V 応募及び採択の方法
   応募を希望される者は,要綱第6条による一般財団法人広島県環境保全公社提案型調査研究助成事業調査研究
  計画承認申請書(兼)助成金交付申請書を公社に提出してください。
   提出された書類は,審査委員会での審査に基づき,予算の範囲内で公社提示課題,調査研究者提案課題各一題程度
  を決定します。審査は原則として申請書類により行いますが,必要に応じてプレゼンテーションを実施します。
   なお,審査委員会の採否結果については,別途書面で通知します。採否結果に関する問い合わせには応じられま
  せん。
   また,採択された場合であっても,予算の都合により助成金を減額する場合があります。
   なお,採択になった場合は団体名,所在地,代表者名,調査研究名(テーマ),調査研究内容を公表することに
  ついて申請者の了解を得たものとして取扱います。

  1 採択基準
    調査研究計画書等に基づき,次に掲げる基準を総合的に勘案し,廃棄物適正処理に資する充足性の高いもの
   から公社提示課題,調査研究者提案課題各一題程度を採択します。
   (1)廃棄物適正処理に資する効果が高いこと
   (2)調査研究結果の廃棄物処理への波及が期待できること
   (3)助成事業の実施が確実で計画内容の熟度が高いこと

  2 採択後のスケジュール

         助成事業年度(平成29年度) 助成事業終了後
4月       5月        6月     3月10日 4月
交付申請 ⇒ 交付決定 ⇒ 助成事業着手 ⇒ 助成事業終了 助成金額確定
助成金支払い
【提出書類】     (必要により)    ●概算払請求書
●交付申請書   (●変更承認申請書)   ●実績報告書

●概算払請求書

  3 交付決定の取消し
    決定条件の不履行,報告書等の提出を怠ったり,虚偽の申請等の不正事由や助成金の目的外使用,他の助成
  制度との併用等が発覚したときは,交付決定を取り消すことがあります。既に助成金の支払いが行われている場合
  は返還義務が生じます。

 W 調査研究者の義務
   この助成金の交付決定を受けた場合は,「要綱」第9条から第14条,第18条及び第21条に定ける事項を
  遵守していただきます。

 X 申請の方法
  1 受付期間
    平成29年4月3日(月)〜4月28日(金)
    ※ただし,土・日・祝日は除く。

  2 提出書類
   (1)平成29年度提案型調査研究助成事業調査研究計画承認申請書(兼)助成金交付申請書 1部
     
申請書の様式(A4縦)は, こちらから
   (2)申請書の電子媒体
      メール送信,CD−Rのいずれでも結構です。
   (3)直近決算の財務諸表等
      大学(短期大学,高等専門学校を含む)を除く。
   (4)組織概要等

  3 応募の方法
    郵送・宅配又は直接持参してください。郵送・宅配の場合は,封筒の表に「提案型調査研究助成事業」と
   朱書きして提出してください。

  4 提出先
    一般財団法人広島県環境保全公社
    〒730−0037
    広島市中区中町8番18号広島クリスタルプラザ4階
    TEL     082−544−2363(業務企画課直通)
    FAX     082−544−2362
    E−mail  somu@khk-hiroshima.or.jp
    ホームページ   http://www.khk-hiroshima.or.jp

    ※ご相談・お問合わせについては,お電話・メール等でお願いいたします。




一般財団法人
広島県環境保全公社
(広島クリスタルプラザ4階)

〒730-0037
広島市中区中町8番18号
広島クリスタルプラザ4階
TEL.082-544-2361(代表)
 各課直通番号は こちら
FAX.082-544-2362
somu@khk-hiroshima.or.jp
 
→ アクセスマップ